安い費用で最短確実に中国人の帰化申請手続きの代行を





帰化申請
 (会社員)

100,000円

帰化申請
 (会社経営者・役員)

150,000円

同居の家族1人追加


40,000円



中国人の帰化申請手続きの流れ【最短確実な帰化申請の代行を中国人の方々にご提供致します】




  帰化申請手続きの代行をご相談・ご依頼→帰化申請の許可が下りるまでの流れ【中国人の帰化申請】



    
1.電話・メールでの無料相談


    帰化申請でお悩みの方。仕事や家事育児が忙しく法務局へ相談へ行く時間がない方。


    まずは弊社へ電話・メールにてご相談下さい。


    
【電話・メールでの帰化申請(中国人)に関するご相談は完全無料です】


    中国人の帰化申請に関するご相談は様々なものがありますが、その中でも特に多いご相談が中国国内で


    発行される親族関係公証書・出生公証書・結婚公証書などの証明書に関するものです。


    また、日本国内で集めなければならない出生届・死亡届・婚姻届などの届書記載事項証明書戸籍謄本


    住民票に関するお問い合わせもよくいただきます。


    中国語専門スタッフ・日本語専門スタッフそれぞれが、帰化申請をお考えの中国人の方々のご相談・ご質問に


    丁寧にお答え致します。どうぞお気軽にご相談下さいませ。





    
2.帰化申請代行業務のご依頼


    お電話やメールでご相談いただいた結果、帰化申請手続きの代行をご依頼いただけるようでしたら


    着手金をご入金いただいた上で帰化申請専門行政書士が正式に業務を開始致します。


    日本語が苦手な中国人の方々でも安心して帰化申請できるように専門行政書士が書類の収集から


    作成・翻訳まで、すべての業務を迅速・丁寧にサポート致します。





    
3.法務局での面接


    すべての書類が揃い次第、管轄の法務局及び各支局へ
帰化許可申請の相談・受付の予約を致します。


    中国人の帰化許可申請は通常数ヶ月の月日をかけて必要書類を揃える必要があります。


    しかし、弊社へご依頼いただいた場合は、帰化申請に必要な書類を完璧にご用意した上で、


    法務局での面接を受けていただきますので、
時間と労力を大幅に節約していただくことができます。


    中国人の方々の場合、法務局へ帰化申請の相談・受付の面接を受けていただく前に注意していただきたいことが


    いくつかございますので、事前に担当行政書士より詳細なアドバイスをさせていただきます。


    帰化の動機書に関する面接でのやり取り。


    資格外活動・納税証明書・交通違反などに関する質問に対する受け答えの仕方。


    中国人の帰化申請の手続きにおいて、最も重要なのが法務局での面接です。どんなに提出書類が完璧で


    あっても、面接において審査官に誤解を与え、マイナスの印象を与えてしまっては不許可となってしまうおそれ


    があります。弊社では
帰化の動機書の作成から面接についての詳細なアドバイスまで、


    万全の準備をして法務局での面接を受けていただきますのでご安心ください。





    
4.帰化許可


    中国人の帰化申請の場合、申請(受付)から
8ヶ月~10ヶ月程で許可が下ります。


    但し、中国国内で発行された証明書類の信憑性に問題がある場合や、法務局による勤務先・居宅付近の


    現地調査の結果帰化条件に抵触する可能性のある事柄が発見された場合など、申請者の個別事情により


    審査期間が長引くことがあります。その場合には、
1年以上許可が下りない場合もありますし、最悪の場合


    不許可となってしまう可能性もあります。帰化申請をお考えの中国人の方々で、帰化条件について不安が


    ある方は是非一度ご相談下さい。





    
5.帰化申請手続き後の必要な手続き


    中国人の方々の場合、帰化申請後、審査中に法務局より
国籍証明書(国籍離脱証明書)を中国大使館で


    発行してもらうよう指示がありますので、その時点で中国国籍を喪失することになります。


    そのため、帰化許可後の国籍喪失手続きは不要です。また、日本の戸籍謄本やパスポートの作成以外にも


    様々な証明書類・カード等の変更手続きが必要ですが、気付いたものから少しずつ変更していけば


    宜しいかと思います。








お問い合わせ




中国人の帰化申請について

【行政書士小林国際法務事務所】






帰化申請の窓口

中国人の帰化申請